マレーシアの留学情報

マレーシア母子留学 ビザってどうやって取るの?

こんにちは!
マレーシア移住・事業コーディネーターのLuchouette(ルシュエット)です。
マレーシア母子留学をご検討されている方、いざ母子留学をしようと思った時、
英語力、費用、家、学校 など準備しなければいけないことがたくさんありますね。
その中でも一番重要かつ情報が少ないものは、ビザについて!
いくら英語力があっても、いくら資金力があっても、いくら家の目星がつけられても、いくら良い学校が見つかっても…ビザがなくては、マレーシアに入国ができません!
では、マレーシア母子留学時のビザはどうしたらいいの?必要なの?種類は?など、多くの疑問があるかと思います。
今回はマレーシア母子留学時のビザに関してお伝えしていきたいと思います。

そもそもビザって何?入国ビザとは

海外に行く際、ビザという言葉をよく聞きますが、ビザとはそもそも何なのでしょうか?
ビザは日本語で、「査証」と呼ばれており、大使館や領事館が発行するもので、一言でいうと入国許可証のようなものになります。
渡航先がビザを発給する一番の目的は、自国に入国を希望している人が「入国しても問題ない人物かどうか」を審査することにあります。
ビザ発行などの管轄は、基本的には、各国の移民局(イミグレーション/immigration)で行われます。ビザの最新情報が知りたい場合には、その国の移民局のサイトなどにアクセスすることが、一番正確な情報の入手方法です。
ビザの要件や必要書類、手続きなど、予告なしで、また頻繁に変更されることが非常に多いのが現実なのでこまめにチェックすることをオススメ致します。

マレーシア母子留学をするためのビザは?

マレーシア母子留学時の場合、滞在時間によって異なってきます。90日以内(約3か月)の短期留学の場合は、観光ビザ(旅行をする際に用いられるビザ)で入国することができるので、特別な入国ビザは不要ということになります。

では、91日以上(約4か月~)の長期留学の場合のビザはどうなるのでしょうか?

マレーシア母子留学(長期留学)のビザの種類は主に3種類です。

  • 学生ビザ
  • 保護者ビザ
  • MM2H【2020年11月現在 新規発行が停止】

一般的にお子様の学生ビザを取得することができれば、親御様のビザも発行されます。

しかし、1世帯に1つしかビザは発行されないため注意が必要です。さらに、一人ひとりにビザ申請費用がかかります。※未就学児のお子様の場合、ビザを一緒に取得することができる場合がございます。

ただし、学校によってはビザ発行を行ってもらえないところがあるので、その場合はご自身でビザの手配をしなければなりませんので、学校にはよく確認してからご入学手続きを進めましょう。

メルマガ読者に登録

メルマガ読者にご登録いただきますと、マレーシアから最新の留学情報をお届けいたします。
こちらからご登録ください。
 
 

メルマガ読者限定で
特別コンテンツを配信

  • メルマガ配信
  • マレーシアの学校紹介
  • 留学ウェビナーご招待
 

マレーシア留学のご相談

2023年の入学サポート受付中!!

お客様ごとに最適なプランをご提案し、ワンランク上のサポートをご提供致します。
   

サイト運営会社

『My留学.com』は
TK International Sdn BhdLuchouette Sdn Bhdがマレーシアで共同運営しています。

ルシュエットはクアラルンプールに拠点を置く留学エージェントです。

マレーシア留学のご相談はこちらまでお問い合わせください。

会社名
Luchouette Sdn Bhd(ルシュエット)
会社番号
201701021853(1236019-U)
住所
A1-5-15, Arcoris, No10 Jalan Kiara Mont Kiara, 50480 Kuala Lumpur, Malaysia
電話番号
+603-6419-4614
営業時間
日本時間:10:00~18:00
マレーシア時間:9:00~17:00
定休日
土曜・日曜・祝日
主な事業
留学プログラム、インターナショナルスクールへのご入学サポートなどマレーシア教育移住全般、不動産(賃貸・売買)のご紹介、マレーシアでの会社設立や様々な事業立案、その他教育事業