インターナショナルスクール記事詳細

駐在員家族がインターナショナルスクールを選ぶときに考慮すべき6つポイント

2022/02/16

世界の駐在員が選ぶ、住みやすい「都市ランキング」でNo1

多くの駐在員が仕事のためにマレーシアを居住地として選び、家族とともに移住しています。マレーシアの移民局によると、マレーシアには世界各地から9万人もの駐在員が住んでいると言われています。

2022年1月、世界中に400万人以上のユーザーを持つ海外駐在員コミュニティInterNationsが「駐在員が選ぶ世界の住みやすい都市」のランキングが発表され、マレーシアのクアラルンプールがNo1に選ばれました。

総合評価で1位となったクアラルンプールは、住宅事情の良さ(家賃の手頃さ、物件の見つけやすさ)への満足度が74%と全世界一位(世界平均は43%)だった他、生活コストの安さ、支出を十分にカバーできる賃金水準などの項目でも評価が高い傾向があります。クアラルンプールを好む理由は、手頃な生活費と生活の質、定住のしやすさ、家族で生活しやすい環境といえそうです。

駐在員家族にとって、充実した教育機会

さらに、駐在員とその家族にとっての魅力のひとつは、駐在員の子供たちに対応する豊かな教育機会があることです。マレーシアには多くのインターナショナルスクールが国内各地にキャンパスを構えており、すべての国籍の人々、その文化的感受性、国際性に対応できるように設計されています。マレーシアの多くのインターナショナルスクールは様々な人種や民族の生徒に、多様な学びの機会と普遍的な価値観を持ったバランスの取れた教育を行うことができます。

英語が広く使われていることも、マレーシアの教育分野では有利に働いており、ほとんどの公立・私立学校が英語でカリキュラムを提供しています。

多様な教育機会があるマレーシアですが、それでは、どのようなポイントでインターナショナルスクールを選んでいけばいいのでしょうか。インターナショナルスクールを選ぶときに考慮すべき6つポイントをご紹介いたします。

ポイント1. カリキュラムの選択

マレーシアのインターナショナルスクールは、世界でも有数のカリキュラムを提供しています。カリキュラムには様々な種類があり、その中から選ぶことができます。子供がスポーツや課外活動、芸術に参加したいかどうか、特定の言語や科目を勉強したいかどうかなど、様々な選択肢があります。これらは、特定の学校のカリキュラムを検討する際に考慮すべき重要な決定要因の一部です。

IGCSE (International General Certificate of Secondary Education)

このカリキュラムでは、社会人として必要な分析力と創造的思考力を身につけることができます。マレーシアではこの特別なカリキュラムが人気を博しているため、現在ではブリティッシュ・カリキュラムを採用しているさまざまなインターナショナルスクールがあります。IGCSEカリキュラムをサポートする著名な学校は、Nexus International Schoolです。

国際バカロレア

IB(International Baccalaureate)は、保護者の間でもかなり人気のある選択肢です。IBの教師は、生徒が質問するだけでなく、生徒の問題解決能力に集中することを重視しています。このカリキュラムにより、マレーシアのインターナショナルスクールの生徒は、IBプログラムの重要な部分である、1つの学習科目を別の科目に結びつけるスキルを持つことができます。UCSI International School SpringhillとMarlborough College of Malaysiaは、IBカリキュラムをサポートする2つの教育機関です。

CBSE

CBSE(Central Board of Secondary Education)は、マレーシアの多くの学校で提供されているもうひとつのカリキュラムです。GIISはマレーシアの著名なCBSE校のひとつです。

また、アメリカ式、フランス式、イスラム式、日本式のカリキュラムも、需要の増加に伴い、マレーシアのインターナショナルスクールで提供されています。

それぞれのカリキュラムには、教授法や配信方法、学習哲学や目標、焦点や強調点、評価の種類など、独自の個性と特徴があります。親御さんにとっては難しい決断ですが、結局は親御さんとお子様に合ったものを選ぶことになります。すべての学校のカリキュラムには、それぞれ長所と短所があります。

ポイント2. インターナショナルスクールの施設

マレーシアのインターナショナルスクールの施設、サービス、設備も考慮に入れる必要があります。食堂や図書館の設備が充実しているのか、スポーツをするためのグラウンドはいくつあるのか、ホールはいくつあるのか、スイミングプールはあるのか、などなど。また、教室の混雑を避けるために、各クラスの生徒数を知ることも重要です。20人以上の生徒がいる場合は、教師が生徒一人一人に注意を払うのが難しくなることがあります。

ポイント3. 歴史や伝統、資格や認定

マレーシアの特定のインターナショナルスクールの歴史と、それが学習にどのような影響を与えるかについても考慮する必要があるでしょう。学校が長く続いている方が良い場合もあります。老舗の学校は伝統的な教育を実践していますが、新しい学校は現代的な学習方法を取り入れている場合もあります。

また、その学校がどのような認定を受けているかを知ることは、お子様を安心して任せられるかどうかを確認するためにも重要です。マレーシア教育省(MOE)や、Council of International Schools(CIS)、Western Association of Schools and Colleges(WASC)などの国際的に認められた機関は、保護者の間でよく知られている認定機関の一部です。

ポイント4. 教師

マレーシアのインターナショナルスクールを選ぶ際に、もう一つ重要な点は、教師の質をよく見極めることです。 教師は、生徒の人生や将来を左右する存在であるため、指導科目に関連する学位や経験を取得している必要があります。教師や学校の他の保護者の態度についても確認してみましょう。教師のボディランゲージ、生徒に対する情熱や関与も観察する必要があります。

ポイント5. 学費の内訳

マレーシアでは、様々なインターナショナルスクールの選択肢があり、学費は、場所やカリキュラムによって年間費用は50万円~150万円クラスまで様々ですが、欧米諸国の同じ水準の学校と比較するとリーズナブルに通うことができます。

学費の仕組みは、学校ごと、学年ごとに異なります。そのため、保護者の方は学費について徹底的に調べ、予算に合った学校を決めることをお勧めします。

ポイント6. 文化的に活気のある環境

学校には、さまざまな人種や民族の地元の学生や留学生が在籍しています。これは多様な生徒集団を意味しており、他の文化、信念体系、考え方に触れることで、子供たちは幼い頃から他の人種、個性、多様な状況に対応できるように経験を重ねることになります。子供たちはグローバルな視点を理解しています。教師と生徒の比率がバランスよく配置されている場合は、教師はクラスのすべての子供たちに時間と注意を払い、子供たちの成長と学業上の必要性に注意を払うことができます。これは、多くの親が子供を学校に通わせることを選ぶ理由の一つになるでしょう。

マレーシアのインターナショナルスクールには数多くの選択肢があるため、きっとお子さんに合った学校を見つけることができます。多くの親御さんは、インターネットで自分に合った学校を調べたり、友人や家族に相談したりしますが、もっと深く特定の学校について知るために、自ら学校を訪れたり、入学カウンセラーと話をしたりすることもおすすめします。

最終的には、親御さんとお子さんの好みの選択に尽きると思います。この記事を読んでいただき、マレーシアのインターナショナルスクールを選ぶ際の判断材料にしていただければ幸いです。

メルマガ読者に登録

メルマガ読者にご登録いただきますと、マレーシアから最新の留学情報をお届けいたします。
こちらからご登録ください。
 
 

メルマガ読者限定で
特別コンテンツを配信

  • メルマガ配信
  • マレーシアの学校紹介
  • 留学ウェビナーご招待
 

マレーシア留学のご相談

2023年の入学サポート受付中!!

お客様ごとに最適なプランをご提案し、ワンランク上のサポートをご提供致します。
   

サイト運営会社

『My留学.com』は
TK International Sdn BhdLuchouette Sdn Bhdがマレーシアで共同運営しています。

ルシュエットはクアラルンプールに拠点を置く留学エージェントです。

マレーシア留学のご相談はこちらまでお問い合わせください。

会社名
Luchouette Sdn Bhd(ルシュエット)
会社番号
201701021853(1236019-U)
住所
A1-5-15, Arcoris, No10 Jalan Kiara Mont Kiara, 50480 Kuala Lumpur, Malaysia
電話番号
+603-6419-4614
営業時間
日本時間:10:00~18:00
マレーシア時間:9:00~17:00
定休日
土曜・日曜・祝日
主な事業
留学プログラム、インターナショナルスクールへのご入学サポートなどマレーシア教育移住全般、不動産(賃貸・売買)のご紹介、マレーシアでの会社設立や様々な事業立案、その他教育事業